日本カイロプラクティック徒手医学会 JSCC

「日本カイロプラクティック徒手医学会認定」に関する称号規定

当学会に所属し学術研究活動を中心としてカイロプラクティックの真理を追求し学術的啓蒙の継続を評価し、当学会が定めた評価基準を満たした会員に対して送られる称号である。
対象者には、日本カイロプラクティック徒手医学会認定証を送る。

資格期間

1年間単位で更新制(学術大会開催後に発行する)

評価方法

評価は、ポイント制とする。

認定の種類

上級学術研究員および主任学術研究員

評価基準

  • 入会以後各項目のポイントを合計し500ポイントを満たした者(上級学術研究員)
  • 入会以後各項目のポイントを合計し200ポイントを満たした者(主任学術研究員)
  • 学術大会研究発表(主任学術研究員)
  • 最低1題の論文投稿と学術大会研究発表(上級学術研究員)
  • 年会費の納入
  • 過去4年間で2回以上の学術大会参加

各ポイント基準(対象:学会設立以降)

学会賞:最優秀賞20 優秀賞10 奨励賞5
論文 30
*筆頭著者以外は、15点として、上級学術員になるためには筆頭者になること。
研究発表(一般講演・ポスター発表) 20
ワークショップ 20
学術大会参加 20(保存資料の関係上、平成21年度以降)
大会長 20
実行委員 10
座長 10
査読 10
学会賞選考委員 5
理事 10
評議員 5
監事 5
支部での発表 10
支部活動参加 5
支部運営委員 5
他の団体での発表 10

*他学会のみとして、その発表内容がカイロプラクティックに関する内容であるか学術員検討委員会で判断し、理事会で承認を得る。論文の提出を求める。
会員紹介 5(平成27年7月1日以降)

*紹介した者が会員として入会した場合、入会時に紹介者の記載が必要

*一人の新入会員に対しての推薦人が複数の場合は、3ポイントとする。(推薦人は、2名までとする。)

*会員一人が1年間に複数の新入会員の推薦となる場合は、会員一人が1年間に推薦する人数に制限をつけず加算する。

会費納入 5(保存資料の関係上、平成21年度以降)

附記

1.本規定は、平成27年7月1日から施行する。